NHKの大河ドラマ、篤姫。ドラマのストーリーや出演について。鹿児島、着物、江戸、将軍、天璋院篤姫にまつわる話、江戸城の大奥について、など篤姫に関連することをお届けします。

篤姫はじまりました!



篤姫、とうとうはじまりましたね!

今回は生まれる前から、十代になるまでを

ピンポイントで見せながら、篤姫の生い立ちを

見せてくれました。



篤姫では、テーマ音楽も彼女の出身地にちなんでか

鹿児島出身の方の作曲だと聞きましたが、NHKの

大河ドラマにありがちな、雄大な感じはするものの

特徴のない音楽で、少しがっかりです。



「新撰組」のときには、ストーリーを彷彿とさせる

ような音楽と映像で、とても良かったのですが、

ちょっぴり残念でした(><)



といっても、ドラマはまだはじまったばかり。

内容が期待はずれという訳ではありません。

特に、わたしは原作の「天璋院篤姫」の大ファン

なので、これからの展開を楽しみにしています。


出演しているのはベテラン俳優が多かったのですが、

その中でも、島津斉彬役の高橋英樹は貫録ありすぎ(^_^;)

一人だけ、存在感が傑出していたのはさすがだと

感心してしまいました。



初回の放送では、心に残る言葉がありました。

篤姫の母が、篤姫にさとした言葉です。

「人にはそれぞれ役割があり、それを果たす責任がある」



この言葉がこれからの篤姫の原点になっていく

のではないかと思いました。

来週が楽しみです♪
posted by あつひめ | Comment(0) | TrackBack(1) | 篤姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

宮アあおい NHK大河ドラマ『篤姫』
Excerpt: 宮アあおい 演じる『篤姫』の生涯鹿児島城下に生まれます。 嘉永6年(1853年)、薩摩藩主・島津斉彬の養女となり、 同年鹿児島から江戸藩邸に入ります。 従兄斉彬の養女となったのは、 将軍家へ..
Weblog: 宮アあおい NHK大河ドラマ『篤姫』を楽しむ
Tracked: 2008-01-08 16:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。