NHKの大河ドラマ、篤姫。ドラマのストーリーや出演について。鹿児島、着物、江戸、将軍、天璋院篤姫にまつわる話、江戸城の大奥について、など篤姫に関連することをお届けします。

天璋院篤姫


NHKの大河ドラマ「篤姫」の原作は、

宮尾登美子さんの『天璋院篤姫』です。

   

   天璋院篤姫


実は、ず〜っと昔に読みました。

そのときも面白くて、上下巻を一気に読んだことを

覚えています(*^_^*)


なにしろ、天璋院篤姫という方は

時の将軍に嫁ぎ、夫である将軍が亡くなった後は、あの大奥を

取り仕切って、江戸城の開場を最後まで見届けたという

まさに女丈夫という言葉がぴったりの女性だったようです。


皇室からきた嫁の和宮との確執もあり、『和宮様御留』

(こちらは有吉佐和子作)を面白いと思って読んでいたので

なかなか興味深い一冊でした。


天璋院篤姫』は一応フィクションですが、

史実を大変よく調べてあるし、歴史物語かと錯覚して

しまうほどの出来栄えです(^O^)/


ドラマでは、ここから更に脚色していますが、

原作として、ぜひ一読をお勧めします。



   

   天璋院篤姫



posted by あつひめ | Comment(0) | TrackBack(0) | 篤姫
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/86958170

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。