NHKの大河ドラマ、篤姫。ドラマのストーリーや出演について。鹿児島、着物、江戸、将軍、天璋院篤姫にまつわる話、江戸城の大奥について、など篤姫に関連することをお届けします。

大河ドラマ「篤姫」のこだわり 1


大河ドラマ「篤姫」の見どころは、何といっても

鹿児島づくしのキャスティングでしょう。


テーマ音楽は吉俣良さん(中央高校卒)、小松帯刀

(肝付尚五郎)役が瑛太さん(父親が栗野町)、

尚五郎の父親肝付兼善役が榎木孝明さん(菱刈町)、

帯刀の養父・小松清猷役が沢村一樹さん(鹿児島市)、

大奥の実力者滝山役が稲森いずみさん(鹿児島市)と

鹿児島に関係する方が多数出演しているんです。



「篤姫」のもう一つの見どころは、小松帯刀という

新しい薩摩のヒーローが登場することでしょう。



宮尾登美子さんの原作には出てこない人物が、なぜ

ドラマに登場するのでしょうか。


それは、小松(肝付尚五郎)は篤姫と同じ年の生まれで、

同じ門閥として鹿児島城下に育ったので、尚五郎とお一

(篤姫)の交流を通して、篤姫の鹿児島時代の人格形成を

描きたかったからだそうです。



二人は、囲碁や香聞きなどで心を通わせます。

篤姫への尚五郎の恋は破れてしまいますが、これが実って

いたら、お一はもっと幸せな生涯を送ったことだろうと

思わずにはいられません。




posted by あつひめ | Comment(0) | TrackBack(0) | 「篤姫」出演者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88000452

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。