NHKの大河ドラマ、篤姫。ドラマのストーリーや出演について。鹿児島、着物、江戸、将軍、天璋院篤姫にまつわる話、江戸城の大奥について、など篤姫に関連することをお届けします。

篤姫は赤毛のアンと似てる?


20日に放送のNHK大河ドラマ「篤姫」では、

篤姫が徳川斉昭にズバリと物を言って、

最初は怒りを買うかのかとハラハラさせられる

ものの、結局は二人で話し込んだという

ストーリーになっていました。



これを見て、すぐに思ったのが、「篤姫は

赤毛のアンとそっくり」ということです。



赤毛のアンは年上の人にも遠慮なく物を言い、

普通なら煙たがられているような頑固な人や

偏屈者に結局は気に入られて、友達になって

しまうというキャラクターです。



篤姫と共通したものがあると思いませんか?

篤姫はドラマの中では実際の人物像とは

違っていると思うけれど、それにしても

こういう大胆な人を面白いと思う、豪胆な人が

いた時代って、いいなと思ってしまいました。






「篤姫」泣けました


昨日放映された、「篤姫」は泣けました〜。

いよいよ鹿児島を発つ段になり、家臣へのお目見得から

駕籠にのっての出発までが描かれました。



なんといっても、家族や尚五郎さんとの対面は

涙なしには見られません。



他人の前では親しくできない辛さを察したお殿様の

粋なはからいで、わずかな時間ながらも、家族水入らずで

別れを惜しむことができたのです。



ドラマだとわかっていても、篤姫や両親の心中を

思うと、じーんときてしまいました。



それでも、篤姫は覚悟をきめて、いよいよ江戸へと

向かいます。感動的なシーンはここまでかもしれませんね。

次回からは、篤姫の奮闘記になるようで、またまた

楽しみです。




篤姫の生きざま


篤姫という人は、島津から徳川に、政略結婚で嫁いだ

訳ですが、最後まで将軍の元御台所として、徳川家の

ために尽くした人です。


篤姫が嫁ぐときには、次期将軍の決定にあたって

実家の父から指令があったというのは有名な話。


結局、篤姫の工作はうまくいかなかったのですが、

その後も徳川家のために尽します。


最後は、実家の薩摩が幕府を倒すという、裏切り

にあった形であったにもかかわらず、徳川につら

なる人々を守るという意味でも、なんとか穏便に

済ませたいと奔走して、江戸城の無血開城に

大きく貢献した人なのです。


圧倒的な男社会の中にあって、篤姫はすごい

人だったんですね。あの勝海舟もほめている

くらいです(*^_^*)


そんな篤姫が大河ドラマでどのように描かれるのか

これからがとても楽しみです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。